テニスの王子様 夢小説

ワールドカップが10倍面白く見れる!


フットボールネーション

今、こちらのサイトでフットボールネーションという漫画が無料で3巻まで読めます
高岡英夫先生監修
ゆる体操をするとどんな身体になれるか
07336771.jpg 

テニスの王子様夢小説


「あのボーシ覚えてろよ」
危機感を覚えた。

ふしだらな瞳で見つめるのは越前リョーマだ
試合が終わった後、すぐにラケットを携え、左の膝を何度もかち殴る

どうせこれで終わりじゃないんだよね。そういう気持ちしかどうしても思えない

海道さんが力を発揮できないまま、越前は低い弾道で何度も膝を曲げさせた

当然現代ではわかっていることだが、膝を曲げて打つ選手は、2流だ。
股関節周りで脱力が進んでおらず、体幹部を使えていない証拠

越前リョーマは「膝を曲げて腰を落とせ」という常識的な教えを守らなかった
天衣無縫。天上天下。自由自在。
逆に相手に曲げさせた・・・・??!(^^)
この状況で笑ってやがる

まるで最近話題のサッカーマンガ「アオアシ」の主人公のいつも覚せい剤を服用しているような歯を見せて笑う表情だ


・・・まだまだだね


カチロー「あ・・・あ、あれは錦織選手の得意な、ライジングサン・ショット!!日出国日本(ひいずるくに日本)だからこそできる跳ね際をトップスピンで返すショットだ。体幹部が使えて背骨の両側が別のように動く越前だからこそ出来る技だ。高岡英夫先生が提唱する運動理論で言うと側体を使った動きだ!」

・・・ゆる体操

堀尾「えっ?!越前今なんて・・」


ゆる体操をしたからこうなれたんだ。ブログに書いてあった


堀尾「おいおい、越前まだ2000年代で有名になってないころにゆる体操やってる。ヒキョーだぜあいつぅ」

gif 10) 

長座腕支え足首クロススリスリ体操 動画


これは足首クロスですが、長座腕支えの状態なら踵くるくる体操(かかとを、足のラインを軸にしてクルクルするだけ)でも、足足スリスリ体操でもいいです
※3種類あるので、さっき長座腕支え足首クロスやったら次回は長座腕支え踵くるくるという風に、やってみるとよいです。

この体操を、ただ他の人に肘肩まわりをやさしくさすってもらいながらやるだけで、皆さんの身体能力は劇的に上がる。部活や仕事で疲れなくなり、心も不安が減っていく。
どちらも肘はまっすぐ伸ばして、全身の力を抜いて行う
(さすってもらう人がいない場合はこちらの一人用準備

gif (16)gif 15)

腕支え腰モゾモゾ体操(椅子を使っていますが、机でもいいです。ちょうどいい高さのものを探して) 動画

腕支え腰モゾモゾ体操のポイント
・机につく手は肩幅、足の幅は腰幅程度

・体重のかけ方は、足:腕=2:1~3:1

・上半身の傾きは30~45度。(普通に立った状態が0度)この角度で腕をつくと、腕が緊張しにくいメリットあり

・上腕~手首を一直線にする(肘抜き)ことにより、腕の筋出力を出来る限り少なくする
」※こちらのページから引用しました
ただ最初から肘抜きは完璧にできない
試行錯誤しすぎると疲れるので、なんとなくいい感じになったらそれでいい    


↑↑
ひとまず、動画も含めここまでの説明です。2週間、一日2~3回 1回約1~3分 目安
上手にやるには誰かに肘肩まわりをやさしくさすってもらいながらやってください。そうするとどんどん肘抜きが上達します。






 





終わったら寝ゆる黄金の3点セットがおすすめです
寝ゆる黄金の3点セット(腰モゾモゾ体操、脛プラプラ体操、膝コゾコゾ体操)


※トレーニングする人はこのページをブックマークしよう


一人で行う場合の準備

一見ややこしそうですが、動作自体はとてもシンプルで簡単。これがさすってもらう人がいない場合の代わりになります。下の前腕に軸を通す方法と、手首に軸を通す方法。2つを行った後すぐに上の腕支え系の体操を行ってください

スマホ画面を横にしてご覧ください

※やりにくかったら立って行ってください

手首に軸を通す方法
第12法a第12法の説明あ第3法desua
③②の状態で、軸(手首の角度)を固定したまま、左手を様々な大きさ、速さでパタパタとあおぎ運動で動かす。なるべくぶれないように、かつ両手とも脱力して行う




前腕に軸を通す方法第12a
12の説明あ  ダウンローaド
③肘を直角に曲げた時に、肘の角から指の幅2つ分程上腕側に寄ったところに、凹みがあるので、右手の親指の背中側で軽く押すと、ちょうど前腕を支える形になる。
その状態で、前腕をクルクルゆるむように回転させる
先程とは逆に肘の方向から前腕に軸が通っていく

②~③を2回繰りかえす 以上。前腕の軸も、手首の軸も両手ともおこなう




このページの方法は、月刊誌「秘伝」に連載されていた、高岡英夫さんの手首溶解法に書いてあったやり方です。

この記事へのコメント